« 新型きた | トップページ | 終わりと始まり »

W&OOO

この頃まともに休める日がなかったので平日に
一日休みを取って、上映終了間近のWの映画を
観てきましたヽ(´ー`)丿

Wの映画は観るのが初めてなのでストーリー的に
大丈夫かと思いましたが、まあ特に問題はなかったかな。
W編、オーズ編が先に入り、両方のその続きが最後の
大戦編に続くと言う話の流れ。

久しぶりにWの変身シーンを見ましたが、やっぱ良いですね。
エクストリームよりもスタンダードなサイクロンジョーカーが
格好いい。
そしてスカル。
吉川晃司が演じるおやっさんこと仮面ライダースカルは
初めて見ましたが、演技のキレは流石というか良い感じ。
幼少期の亜樹子とのシーンもなかなか良かったです。
アクセルは最後の方でやっと変身出来たものの
全編通してトライアルが出なかったのが残念か・・・

続いてオーズ編。
ハッキリ言って本編との繋がりは皆無と考えるべき。
映司がアンクのメダルケースを持ち歩いていたり
その辺の人間に金をばらまいてたり、アンクの登場が
極端に少なかったり色々と滅茶苦茶でした。
鴻上会長が信長の魂を現代に蘇らせて云々という内容
なのですが、ストーリー的にもハッキリしない適当な展開で
無理矢理感動シーンに持って行こうとするいい加減な演出、
余りに酷すぎる内容だと思ったら・・・脚本井上。
事件の裏にはやっぱり矢張、ならぬ井上(;´Д`

W編、オーズ編共に最後まで終わらず、展開を引きずった
まま大戦編へ。
ここではWもオーズも一緒に活躍。
まさかここでオーズのタジャドルコンボが出ていたとは(苦笑
そしてバースが出てきたと思ったら中身が・・・後藤!?
本編であのヘタレの後藤が何食わぬ顔でバースに
なっているのは許せん(爆
まあ何というか・・・お約束的な展開でした。

W編が良かっただけにオーズ編の酷さに呆れ、大戦編の
巨大な炎のライダーの存在も別に要らないんで
W編だけでもっと突っ込んだ作りになっていた方が
良かったですよ・・・オーズ編以降は見なかった事にヽ(´ー`)丿
アノ人が関わるとロクな事がないです・・・

|

« 新型きた | トップページ | 終わりと始まり »

アニメ・ゲーム・特撮」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。