« UCBD | トップページ | 砂の恐怖 »

まいこー

先日発売になった「勇なま3D」。
1,2共に買ってきたのですが3はまだ買っていません。

勇なまとは「勇者のくせになまいきだ」の略で、ドット絵の
2D画面で地面の下に穴を掘っていき魔物を生成して
掘ったダンジョンの中に魔王を配置、その魔王を狙って
侵入してくる勇者共を魔物などで成敗する・・・と言う
ゲームです。
要するに自分は魔王軍な訳ですね。

ゲームの説明はその辺にしておきますが、この作品に
対する宣伝は以前からかなりはっちゃけた物でした。
宣伝にならないような意味不明な実写CMとかあるのですが
今回の3の宣伝?ムービーにマイコー富岡がΣ( ̄□ ̄;
なんと懐かしい・・・
3の制作にあたり、付け加えた要素などを紹介するムービー
のですが結構面白かったのでゲームの方も欲しく
なってきました(爆
アドホックで2人同時プレイが出来るのが良いなあ・・・

と言う訳で、その内買うかも知れません(爆
容量は少ないし、安いダウンロード版にするかもですが。


ゴセイジャー 5話

今週も男爵の出番がありませんでした。
以上(ぇ

今週は子供が天才熱という病気にかかると、その後
戦闘員に変身してしまうと言う敵側ながらあっぱれな
お話でした(爆
天才になっても戦闘員になると知能指数下がってそうですが。

その病気を治す薬を作る為には敵の体液が必要で
弓で貫いて採取した敵の体液は緑にドロドロで
結構グロかったかも知れませんね(苦笑

あと、カードゲーム筐体そのまんまのデータスとやらは
色々といけてない感じが残念です・・・

仮面ライダーW 26話

先週に引き続き、怖い人形のお話。
「人形の声を聞いて」と亜樹子に語りかけてくる少女は
実は既に亡くなっており、本当に語りかけていたのは
人形そのもので、娘を亡くしドーパントに取り憑かれた
父親の心配をしていたのも人形。
人形も父親の娘として父親を心配していたのでした。

今週は人形自体が操られる事が無かった為に
怖い顔にもなりませんでしたが、代わりに
クレイドールとアクセルが操られていました(爆

そしてフィリップが自分で作っていたガジェットメモリ、
カエル型のフロッグポッドなるものが完成。
予め吹き込んでおいた声の声色を自由に変える事が
出来て、今後に使い勝手が良さそうですね。

やたら照井を気にしている亜樹子は
照井とくっついてしまうのか・・・と言うか亜樹子は
ヒロイン的位置づけなのか?(;´Д`

|

« UCBD | トップページ | 砂の恐怖 »

アニメ・ゲーム・特撮」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。