« いい加減に | トップページ | 悲しいお知らせ »

DynaBookUXレビュー

週末に通販で購入した、DynaBookUXが届きましたヽ(´ー`)丿
UMPC・・・ネットブックの一種ですが、低価格PCは
これが初めてです。

ネットブックについて軽く説明を入れておくと・・・
小型で性能に制限がある分、ライセンス料などを安く購入
出来る為に、実売価格も安く買えるPCの事です。
一定値を超えるスペックになった場合、OSがXPでなく
Vistaにならざる終えなかったりします。

要するに、ネットブックと言われるタイプのPCは
メーカーの違いはあれど、極端な性能差は
無いと言う事ですね。
なので価格差も言う程大きくなく、自分が欲しい
機能やデザインを重視して選べる結果、この型を選びました。

初めはSSDを体験してみたいと思っていたのですが、
色々と見ているとOSがXPでは容量が16Gのモノしか無い。
64Gのタイプがあったと思ったらOSがビスタとか・・・
SSDはHDDに比べて読み込みが断然速く、フラッシュメモリの
為に消費電力が少なく済み、静かでもあります。
同じ条件のPCで比べると明らかにSSDの方が
性能が良いのにOSが重くなるとそれだけで無駄な負荷が
増え、SSDの恩恵が無くなってしまいます(;´Д`

XPでの16Gでも最低限使えなくはないのですが・・・
システムの使う分などを考えると実際使用出来るのは
10Gくらいか。
流石にそれだけでは厳しいなあ・・・と思ったので、
今回は泣く泣くHDD型の160Gに妥協しました。

CPUはAtomのN280と言う比較的新しい型ですが
前の型と殆ど変わらない性能の数値差なので
気にする程のモノでは無いかも。

他に気にするのはディスプレイの大きさだったり
キーボードの使いやすさ、バッテリーの保ち時間など
ですが、そこまで拘ってないので適当に評判を見つつ
妥当なところで選択。

UXについて悪いところと言えばスピーカー。
ステレオではなくモノラルです(;´Д`
元々ノートに付いているスピーカーに期待は禁物ですが
モノラルというのは予想以上に悪いですね(苦笑
ただ、イヤホンを刺したり別途スピーカーを用意すれば
普通に使えます。
デフォスピーカーが悪いと言うのは解った上で
選んだのでまあ良いです。

以上の事を踏まえた上で、買う一番の決め手に
なったのは・・・デザインでしょうか(爆
結局はそこが重要らしい。
値段的にも、価格コムでの最安値では4万円台で
買えますしね。
今でも毎日100円ずつくらい値段は下がってます・・・


そんなこんなで本体はUXに決めましたが、ネットブックには
基本ディスクドライブが付いていないので、外付けの
DVDドライブを別途買う事に。
あと、本体内蔵のメモリは1Gで、最大値も1Gとカタログには
書いているのですが、実際には2Gのメモリにも対応している
と言う話があったのでバッファロー製のノート用
2Gメモリも購入。 ちなみにドライブもバッファロー製(爆
ついでに、安いので16GのSDカードも買っておきました。
この3点はアマゾンから購入。

本日、まずはUX本体が届きました。
佐川から届いたのですが、アマゾンの方も同じ佐川なので
一緒に届くかなあ・・・と思っていたのですが
アマゾン分は無し。
アマゾンの方が届かないと、メモリの差し替えや
ディスクからのインストールが出来ない・・・
と思いつつ、まずは一度立ち上げてみて初期設定など。

無線LANを使うにもソフトを入れないとネットに繋げないので
仕方なく取りあえず有線で接続し、ウィンドウズアップデート。
アップデート中、無線のソフトはネットからでも
落とせるんじゃないのか?と思ったので、メインの
デスクトップからソフトをダウンロードし、それを手持ちの
SDカードに入れてUXに転送、それでインストを済ませ
設定すると、無事に無線でネットに繋がりましたヽ(´ー`)丿
無線ですが、思ったよりも速度は出ていて良好です。

日が暮れた頃にようやくアマゾン分が到着。
どうやら今日は佐川の方が忙しかったらしい・・・
やっと届いた箱からメモリやドライブを取り出し、
早速メモリの差し替えです。
電源を落とし、バッテリーを外し、妙に外しにくい
メモリのカバーを外すと中には初めから入っている
1Gのメモリが・・・メイドインチャイナ(爆
メモリを押さえているツメを外し、2Gのメモリと交換。
ノートのメモリは初めて触りますが、何とか挿せた様子。
改めて電源を入れてもちゃんと起動したのでOKです。

続いてDVDドライブ。
USBの外付けドライブですが、USBからの電源だけでも
動いてくれるのが楽で良い感じ。
アダプタは邪魔になりますからねえ・・・
こちらも問題なく認識し使えるようになったので、
ATOKやライティングソフトなど、ディスクからしか
インスト出来ないモノを入れて行きました。


諸々の細かい設定を済ませ、ようやく普通に使える状態に。
使い勝手ですが、本体のサイズは思ったよりか
ちょっと大きいかな・・・と言う印象でした。
画面が10インチで小さいのですが、その割にキーボードが
結構大きかったり。
小さすぎると打ちにくいですが、もうちょっと小さい方が
それっぽくて良かったかも(爆

画面について、一応グレア液晶で綺麗なのですが
普段使っているディスプレイと比べると発色が良くない
部分があるようです。
軽い印象では、黄色~オレンジ系の色や緑色などの
発色が弱いのかと・・・
少し霞んで見える気がします。
赤や青の色は綺麗に出てるんですけどねえ。

解像度については、1024×600というサイズで
縦が600ピクセルしかないので、正直見にくい。
ブラウザをカスタマイズして、少しでも見える領域を
広げたりして工夫が必要です・・・

処理速度については、1.66GHzと言う事でそれなりです。
メモリを2Gに変えたら、多少は使いやすくなった気がします。
HDDはアクセス音が聞こえないので、画面が動かなくなると
ちゃんと読んでいるのか不安になったり(爆
音はかなり静かな印象ですが、最近のノートは
こんなもんなのでしょうか。

総合して、ネットを見たり動画を再生する分には
問題ありません。
少しでも負荷の大きい作業をさせようとすると
ダメだと思いますが。
CPUがAtomで、ディスプレイのバックライトはLEDなど
消費電力もかなり控えめなので、電気代にはかなり
易しいです。
最大でも30W程度・・・今メインで使っているディスプレイは
それだけで最高100Wくらい使っているらしいので
UXを丸々使っても3分の1以下・・・
メインの本体分を合わせると滅茶苦茶省電力ですね(苦笑
うーん、素晴らしい。

ちょっと使うPCとしては、ネットブックは良い買い物です。
無線内蔵で外にも持ち歩きやすいですしね。
何より安い。
値段を重視して買うなら、3万円程度でPCが買えて
しまいます。
これくらい安ければ、1~2年くらいで買い換えも
し易いと言うモノ。
次に買う時は、SSDで良いモデルが出てれば良いなあ。


ちなみに、実家に置いてきた数年前に買った
VAIOのノート・・・
当時30万円くらいしましたが、性能はペンⅢの1.2GHz、
増設して512MのメモリにHDDは40G程度でした。
今回買った5万円以下で、昔のノートより良い性能です(苦笑
時の流れとは恐ろしい・・・(;´Д`

逆に、UXを暫く使ってからメインのPCを使うと
画面のなんと大きい事か(笑
ブラウザが見易い・・・動作も軽い軽い。
値段相応って事ですかね。

|

« いい加減に | トップページ | 悲しいお知らせ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。